営業マンブロガー〜ノウハウと働き方とその他もろもろ〜

培った営業ノウハウだったり、ビジネスに対しての考え方などを書いていけたらと思います。営業コンサルもやっているので是非とも声掛けて下さい。

上司の文句や愚痴を言う奴は今すぐ独立するか転職しろ!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです!

 

タイトル見て怒ってるのかななんて思われそうですが、全く怒ってません!

素直に思ったことを今回の記事では書きたいと思います!

 

よく友人とか会社仲間で話してると必ずといって良いほど出てくる愚痴。

仕事に対する愚痴、会社に対しての愚痴、上司や同僚に対しての愚痴。

 

色々ありますよね。

 

僕は愚痴を言うほど嫌なんだったら今すぐ辞めてしまえばいいと本気で思ってるんですよね!

 

だから僕はてるみくらぶを辞めました!

 

何でそんなに嫌なのに続けてるんだろう。

 

あと、部下が上司を変えようとするパターンもありますよね。

そんな事出来ないし、あってはならない。

それが会社。

 

社長からしたら会社を良くするための意見なら取り入れようという考えになるだろうが、あの上司のどこが嫌だなんて話は無意味でしかない。

 

なぜなら上司が部下の評価者だからだ。

上司の評価者は社長だからだ。

 

部下は評価される立場なのだ。

 

会社はそういうものだ。

だから今の時代、それが嫌でフリーランスや独立する人がいるし、それがあって良いと思う。

 

でもそんな簡単なこともせずに愚痴だけを言ってる人は本当に無能だと思う。

 

いくらでも道はあるのになぜ文句だけ言って動かない?

 

評価者を評価し始めた時から組織は崩壊する。

部下は上司を評価することが仕事ではないからだ。

そんな権限もない。

 

それが嫌ならば今すぐ独立しろ!

転職しろ!

出世しろ!

 

だいたい文句言ってる人に限って結果残してないし、大した人材じゃないのに、俺は凄いみたいな人が多過ぎる。

 

そんなに凄いんなら独立した方が絶対楽しいし、稼げるよ!

 

それが出来ないなら愚痴を言っている時間は無駄だと思う!

 

生き方はそれぞれ!

自分が楽しいと思った方へ進めば良いと思う!

 

note.mu

メンタルを鍛える、精神力を高めるやり方。 心は鍛えられる。

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

最近、季節が変わったからか。

ストレスや心配事がたくさんあったからか。

体調を崩しておりました。

いわゆる、「自律神経失調症」のお出ましです。

 

今回は恐らくですが、

息がしづらい、頭がボーっとする、体がだるいっていうのが主な症状だったのですが、

頭がボーっとするに特化しているやつですね。

もちろん、動悸だったりと色んな細かい症状はあるのですが。

ブロガーの方でも精神病を抱えて書いている人がたくさんいるので、凄く力になります。

 

あんまり責任者って立場にならない方がいいのかななんて考えたりもします。

実際26歳でマネージャー職ってかなり早いとは思っているんです。

もちろん、いい経験にもなっているし、成長にも繋がっていると思いますが。

 

その分感じるストレスも凄い。

どんな仕事でもやはり会社員をやっているうちは、ストレスからは逃げられないんだなと再確認。

早くフリーになった方がいいのかなと思いつつ、2足のわらじでやって行った方がいいなと思う毎日です。

 

でも要はメンタル、精神力を強くすればある程度のストレスはストレスと感じずに居られるんです。

筋肉と一緒で心も鍛えることが出来るんです。

 

どうやれば強くなれるか。

それはとても簡単なことなんです実は。

 

考え方を変えるだけなんです。

 

精神病になりやすい人は考え方が自己犠牲だったり、自分のせいにしてしまったり、言いたいことが言えなかったり、キャラを自分で作ってしまったり、無理してしまったり、平気だよと笑ってしまったりしてしまうことが多い。

 

自分の考え方は変えることが出来ます。

 

メンタルが強い人は切り替えが早かったり、あんまり過ぎたことを気にしなかったり、自分のせいにせず、タイミングのせいにしたりと。

考えすぎていなかったりする部分もあります。

 

考え方を変えるだけで生きるのが楽になったりするものです。

 

実際にここまで考えて生きている人はあんまり居ないと思いますが。

 

考え方を変えましょう。

 

日光にある東武ワールドスクエアに行ってきたら意外に・・・

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

まだ7月中旬だというのにこの暑さはやばいですね。

これは今年の夏は本当にやばい。

室内にいることが多くなるんじゃないかなー。

お盆は室内でブログを書き続けたり、本を読んだりという時間を過そうかなと思っている。

改めてしっかりと自分の人生と向き合っていく中で何かしたいなという気持ちが強くなってきました。

 

というわけで今回はこの前、友達といった日光についてのレビューを書いていこうと思います。

日光って小学生以来行ってなくて、どんなだったか忘れてしまったので、再度大人になった感覚で行ってみたんですね。

 

友達が「東武ワールドスクエア」に行ってみたいというんでね。

行ってみました。

f:id:imawoikiru2202:20180718170932j:image

どういうところかというと、

世界各地にある観光名所の建物や遺跡や寺などが全て25分の1の大きさで再現されているところなんですね。

いわゆるジオラマ的なものです。

f:id:imawoikiru2202:20180718170942j:imagef:id:imawoikiru2202:20180718170952j:image

実際僕自身もあんまり興味なくて、ちらっと見るだけな感覚で行ってみたんですよ。

入場料も2800円くらいでちょっと高いななんて思って入ってみたらこれまたびっくり。

 

自分の想像以上のクオリティに見入ってしまうんです。

自分が普段過しているところや行ったことがあるような観光地が全てミニチュアで表現されている。

その世界を見ながらね、

どんな会話をしているのかななんて想像してしまう。

f:id:imawoikiru2202:20180718171007j:image

舐めてました。

正直、めちゃくちゃ楽しかったです。

どっかのブログに普通に見てたら30分くらいで終わるなんて書いてあったんですが、結果2時間くらいいました。

めちゃくちゃ暑かったので、休憩しながらですが。

 

これはオススメです。

日光でやることがなくなったり、ちょっと違うところに行ってみたいなって思った人にはオススメです。

 

是非訪れてみてください。

 

 

note.mu

マネジメント力を高める!部下に対して平等でなくてもいいが、公平でなくてはならない!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

最近本当に熱いですね。

これで8月9月と乗り切れるんだろか。

そして大雨での災害被害が本当に大変なことになっているとニュースでやっています。

僕も募金などしようと考えております。

 

というわけで今回はマネジメントという分野について書いていきたいと考えております。

部下を持つ上司って部下のときの自分から見ると仕事やらせて簡単な仕事だなんて思ってたんですけど、やってみるとそんなことが一切無い。

むしろ、大変なことばかりです。

 

でもそれがまた楽しいということでもある。

人をまとめるということがどれほど難しく、人を扱うのはとても複雑であるということです。

 

今回はそのマネジメントについて書いていこうと思います。

マネジメントに正解は無いといわれています。

なので、あくまで僕自身が感じたことを書いていきたいと思います。

 

マネジメントにおいて

「部下を平等に扱わなくてもいいが公平でなくてはならない」

 

これ凄く難しいことと思われるかもしれないし、当たり前だと思うかもしれないが、

凄く簡単なことででもやらないと組織が崩壊することになる。

 

note.mu

 

仕事が出きる部下と出来ない部下で割く時間が変わるのはしょうがない。

これは平等ではないです。

当たり前です。

マネージャーである以上、組織の予算を達成させるのが第一ですから。

仕事が出来る部下に時間を割くのは当然の結果ともいえるかもしれない。

でも組織は拡大などもしていかなければならないし、仕事が出来る部下ばかりではない。

 

そういった人材は時間を仕事が出来ている人にだけ割かれると不満を持ったりもする。

好き嫌いで時間を掛けてるなどと思われてしまったりするから。

 

これが凄く難しい。

 

部下を公平に見なくてはならない。

そしてこれを出来ない上司が結構多かったりするのも事実だ。

というか分かっていない上司が多いということだ。

 

そして部下が上司を評価し始めるおかしな組織になる。

 

あくまで部下の評価者が上司だ。

それが逆転すると組織は崩壊する。

 

マネジメントは奥が深い。

また書いていこうと思う。

自分が何をしたいか分からないという人はとにかく人に会え!!そして今あることをやってみろ!!

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

ブログを書くのがストレスになってはいけない。

僕はプロブロガーなどではないので、本当に趣味程度にブログを楽しんでいる。

プロブロガーの方は恐らく朝から晩まで作業していたりするので、本当に関心するし、単純に凄いと思う。

僕にはそれは難しいかなと思う。

 

もちろん、文章を書くのが嫌いなことでは一切ない。

インプットしたものをアウトプットするものとしてブログを使っている。

もちろん、それでマネタイズ出来れば尚いいと思うが。

出来たらいいなーくらいにしか考えていない。

 

なぜなら僕はもっとやりたいことがあるからだ。

 

だから惰性でブログを書いているわけではない。

書きたいときに書くのが僕のブログスタイルだ。

 

僕はやりたいことやなりたい自分というものが存在する。

 

でも全員が全員そういうわけではない。

ただただ、1日を過している人もいる。

そしてただただ、年を重ねていくだけの大人もいる。

 

そして「自分のやりたいことがわからない」という人があまりに多いなと感じる。

 

でもほとんどの人の実際はこうだ。

 

「やりたいことが見つかるほど何も知らない」

 

ということだ。

 

この世界にはどんなことが起こっているのか、どんな仕事があるのか。

どんなことをやっている人がいるのか。

これから何が動いていくのか。

世界はどうなっていくのか。

 

それを知らないでやりたいことなんて見つかるのだろうか。

 

だから僕はこんなアドバイスをする。

 

「とにかく色んな人に会え!!」

 

今やSNSなどで色んな人に触れ合えたり会えたりするような時代。

アポを取っても断られたりもするが、基本会えたりするのが今の時代だ。

 

そんな時代なのにいろんなことがある世界なのに何も知らずに何もやりたいことが見つからずに人生を終えてしまうのはあまりに勿体ないと思う。

 

どうせならやりたいことを見つけてそれをやれるような人生の方が楽しいと思う。

 

なので色んな人に会うことで色々なことが知れて視野が広がる。

自分で勉強するよりも人に会ったほうがリアルだし、早い。

 

そして人脈も増える。

 

人に会うことを否定する人もいるけど、確かに人に会っただけで自分も何かしたような気持ちになるのは良くないけど、世界のあらゆるものを知るということはとても大事なことだと思うから。

 

もちろん、自分でやることをないがしろにしてはいけない。

 

自分のやれること、やっていることは優先的にやり続けること。

 

それが大事だと思った。

 

 

note.mu

W杯の日本代表敗戦を見て思うこと、西野監督から学ぶマネジメント術

どうもこんにちは。

営業マンブロガーです。

 

あいにくの天気ですが、ブログを書いていきたいと思います。

今一番ホットな話題といえば、W杯(ワールドカップ)ですね。

僕自身、小学校から高校までガッツリサッカーをやっていたので、より一層注目してる。

 

優勝国を予想したりなんてこともした。

 

でも今年のW杯はいつもと違う流れになっている。

今まで強豪国と呼ばれた国たちがグループリーグで敗退したり、今まで勝てないであろう国がベスト8までいったりとしている。

 

勝負事に絶対は無いのは重々承知だが、今世界レベルでサッカー界が変わろうとしているのではないかと思う。

そもそもサッカー人気が爆発的になっていき、競技人口も増えて各国が力を入れるようになったのもあると思う。

 

各国のサッカーのレベルが上がってきているのだ。

だから今どの国が優勝するのかというのを予想するのはかなり難しい。

 

サッカー自体11人でやるスポーツだ。

いくらスタープレイヤーが1人いたからといって勝てるものではない。

 

実際、日本代表も世界ランクが格上のベルギーに惜しい試合を見せた。

今のベルギーは誰の目に見ても強い。

 

ではこのことはサッカーのことだけに言えるのだろうか。

今恐ろしいスピードでグローバル化が進んでいて企業の成長スピードも凄いことになっている。

今まで強豪と呼ばれていた大企業がベンチャーに飲み込まれる時代も遠くないのではないかと思う。

 

実際に日本の大企業も経営が落ちてきていて、買収されるケースも珍しくない。

 

そしてこのことで言えるのは誰にでもチャンスがあるということだ。

 

どの国でもチャンスがあるということだ。

 

サッカーだけに見られる傾向ではないということを分からなければならない。

 

 

そして今回は日本代表の監督、西野監督についても触れたいと思う。

 

西野監督は今回、世界でも賛否両論を生んだポーランド戦の最後の10分間のパス回しをやってのけた監督だ。

あの判断は他の監督には絶対出来なかったであろう。

僕はもちろん、賛成派だ。

日本代表の歴史の中であれほど、結果に拘ったことがあったろうか。

 

スポーツは娯楽ではない、勝つか負けるかだ。

勝った国は賞賛を浴びる。

国の威厳がかかっているのだ。

 

結果が伴わなければ何の価値もない。

 

僕は始めて日本に勝つ姿勢を垣間見た。

 

色々な戦術があるが、大胆だった。

 

あれをマネジメントに置き換えてみると、中々出来ることではないが。

実際に結果を出すための周りからの反対意見を押しのけてまでやらなければいけないということもある。

全てがそうではないが。

 

マネジメントは覚悟だ。

選手を部下を出来るように結果を出させるための覚悟を持たなければいけない。

 

そんなことを学べた。

 

色々行ったがスポーツでも、仕事部分で学べる部分はたくさんあると思う。

営業力をつけるためには プレゼン編|imawoikiru|note

最近お酒を控えて気づいたことと学んだこと

どうもこんばんは。

営業マンブロガーです。

 

僕自身、お酒呑むのが本当に好きなんですよね。

若いころは毎日浴びるように飲んでました。

毎日バイト終わって飲むまでが1日みたいな。

 

そして社会人になっても休日は呑みにいってってのを繰り替えしてたわけ。

 

でもここ最近、仕事上いろんな人にお会いする機会もあったりでばたばたしててお酒呑まなくなった。

実際付き合いも悪くなったと思う。

 

なんでずっとお酒呑んでた人が呑まなくなるとどうなるのかを書いていきます。

 

①お金が減らない

本当にこれが1番大きい。

今まではやっぱりお金が入ってもお酒とかでお金がバンバン消えていく。

確かに楽しいし、後悔はしないんだけど、失うものも大きかったなと。

毎週末ATMに行ってお金下ろすのが当たり前だったけどそんな習慣もなくなったかな。

 

②時間の猶予が出来る

今まで呑んでる時間は呑んでる時間で楽しいと思っていたんだけど、その時間がぽっかり空くことによって他にいろんなことが出来るようになった。

例えばブログを書くとかもそうだし、本を読むとか。

二日酔いで悶えてる時間も無くなって休みの日を無駄にすることもなくなったのは大きいです。

 

③本当の自分のしたいこと、生き方について考えることが出来た

今まで平日は働いて酒を飲んで、週末は酒を飲んでってのをやっててあんまり考えてなかったんだけど、これからの生き方や自分の本当にやりたいことってなんなの?っていうことを考えることが出来た。

これは自分の人生の中で大きいかなと。

 

こういう自分と向き合うということは大事なことかもしれない。

note.mu

以上3つが大きく気づいて学んだことかな。